塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

塗装の知識の記事一覧

2024年2月27日 更新!
塗装店のショールームってどんなところ?  福島市・伊達市密着の外壁塗装専門店 パンドル
伊達市、福島市の皆さま、こんにちは! 伊達市の屋根・外壁塗装専門店 パンドル 渡邊です☻ 2月も下旬となりました😊 春はそこまで来ていますね🌸   春は塗装に最適な時期♪ 先日の折り込みチラシも好評いただいております。 まだチェックしていない方はこちらから★   お見積無料で承っておりますので、 お気軽にご相談ください(^▽^)/   さて今回のブログでは、当店のショールームをご紹介したいと思います。 塗装店のショールームってどんな感じなんだろう? 入りにくくないかな・・・ という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思いますので、 ぜひこのブログを読んで、安心してお越し頂ければうれしいです(o^―^o)     [toc]     【パンドルのショールームの特徴】   当店のショールームには、大きく分けて3つの特徴があります。 それは「知る」「見る」「聞く」の3つです。 この3つを通して、お客様に塗装についての知識を深めて頂きながら 御自宅の塗り替えについてご相談いただける場所になっております🥰   しかし、その前にお客様が気になるポイントがありますよね・・・ それは、入りやすい雰囲気かどうか。 塗装店のショールームと言われても、どんな感じなのか分からないので 突然行ってみるのにはちょっと勇気がいるという方もいらっしゃるかもしれません。   当店のショールームはこんな雰囲気。 明るく開放的な空間を目指しています♪ ぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ。     それでは、ショールームの3つの特徴「知る」「見る」「聞く」を ひとつずつご紹介していきたいと思います。     【①知る】   まずは、当店のショールームの特徴その1「知る」です。   御自宅の塗り替えをご検討中のみなさまの中にも、 いざ塗り替えようかなと思って初めて「塗り替えってどうやるんだろう・・・」と 考えた方がいらっしゃるかもしれません。   特に初めて塗り替えをする方は ・どんな塗料があるのか ・塗り替えにはどのくらいの日数がかかるのか ・費用はどのくらいか ・自宅の外壁や屋根にはどんな塗料が使えるのか ・いつ塗り替えたらいいのか ・・・などなど、分からないことがたくさんあると思います。   また、2回目以降の塗り替えをする方でも ・前回と別の色で塗ることはできるか ・前回より長持ちする塗料はあるのか ・屋根材や壁材自体が傷んで塗れないということはないか など、前回の塗り替え以降気になることが出てきているのではないでしょうか。     そんなときには、ぜひ当店のショールームへお越しください。 スタッフが、壁材や屋根材、塗料の見本やカタログ、資料などを使いながら お客様の疑問やお悩みにお答えします(^_^) そして塗装について「知」っていただけるのが、当店のショールームの特徴です。     具体的にどんなことを「知る」ことができるのか、 資料の一部をご紹介しますね。     【★当店オリジナル塗装ブック】   まずは、当店オリジナルの塗装ブックです。 塗装の工程や内容、施工事例や塗装店を選ぶコツなど情報盛りだくさんです。 ショールームにお越しいただいた皆さまへ差し上げます。もちろん無料です!       【★塗料のカタログ】   続いては、塗料のカタログです。 各メーカーの各種塗料のカタログを備えております。 気になる塗料があるという方や、塗料の性能を見比べたいという方はお申し付けください。 なお当店では、お見積提出の際にも、使用する塗料のカタログをお渡ししています(^▽^)/           【★外装劣化の事例】   続いては、住宅外装の劣化事例の展示です。 外壁や屋根、雨樋など、一般住宅でよく見られる外装の劣化について 写真で展示しています。 劣化の状態によって、塗り替えまたは修復が必要になりますので、 このパネルを見ながらどういった対応が必要になるのかをご説明させて頂きます。   こうした資料や展示を使いながら、塗装について理解を深めていただけるショールームとなっています。         【②見る】   続いて、当店のショールームの特徴その2「見る」です。   ・実際の屋根材に塗料を塗ったらどんな感じになるのか ・下塗りと中塗りと上塗りってどういうこと? など、実際に見てみないと良く分からないことは意外と多いですよね。 そんなときに活躍するのが「見る」です。 こちらも一部をご紹介してみます♪       【★屋根模型】   こちらは、屋根模型と言って、実際の屋根材を展示しています。 塗る前の素地から、錆止め→中塗り→上塗りと塗料を塗って どのように変化するのかがひと目でわかる展示となっています。 様々な屋根材を展示していますので、ご自宅の屋根ではどのような 仕上がりになるのかをイメージしていただけると思います。       【★塗り見本】   こちらは、外壁の塗り見本です。 同じ外壁の下地材でも、使用する塗料によって違った風合いに仕上げることができます。   実際に見て触れて、仕上がりをイメージして頂けます(o^―^o)     【★カラーシミュレーター】   そして、塗り替えの色選びの強い味方となるのが、カラーシミュレーターです。 スタッフがパソコン上でご自宅の写真に色を入れていきます。 どんな仕上がりになるのかを見ることができるので、ぐっと完成イメージが湧きますよ!     選べる色は600色以上。 気になる色を何色でも画面上でお試しいただけます。 さらに、プリントアウトしてお渡しするので、お家に帰ってからじっくり検討いただけます。 ご来店いただいた方限定のサービスで、利用料はもちろん無料です(^▽^)/ ぜひお試しいただきたいです!         【③聞く】   最後は、当店のショールームの特徴その3「聞く」です。 ①「知る」 ②「見る」で解消しきれなかった塗装に関する疑問やお悩みを ぜひ遠慮なくスタッフまでお聞かせください。 お客さまのお悩みが解消されるよう、精一杯お手伝いさせていただきます。 ご自宅の状態を実際に見てアドバイスしてほしいというお声も大歓迎です。 無料で外装の劣化具合の診断も行っていますので、お気軽にお声掛け頂ければ嬉しいです。 塗り替え時期にはまだ早いかな・・・という方も、一度劣化具合の診断をしておくと 次の塗り替え時期の目安が分かって安心です。   スタッフ一同、「知る」「見る」「聞く」の ショールームでお待ちしています♪     【春のご予約承り中】 当店では、春の塗り替えのご相談・ご予約を承っています。 お見積をご依頼いただいた方全員に、クオカードをプレゼント! また、ショールームへご来店いただいた方はもれなくガラポン抽選にご参加いただけます。   ぜひご相談だけでもお気軽にお立ちよりいただければ嬉しいです。 スタッフ一同、皆さまのご来店をお待ちしています(^▽^)/ \お見積無料!! お気軽にご相談ください/ 地域で塗装をお考えの方は、屋根・外壁塗装専門店パンドルに、どうぞお気軽にご相談ください。 パンドル YouTube!! https://youtu.be/CrBMczhkzVM 地域一番の塗装専門店を目指します!! お電話のお問い合わせの際はブログを見ましたと一言頂けるとスムーズにご案内できます👍 ご来店の際も、『ホームページのブログを見ました』とスタッフにお伝えください📞 外壁塗装・屋根塗装をお考えのお客様はこの機会が大チャンスです😋🎵 ぜひ、パンドルへお問い合わせください✨ 皆様からのお問い合わせお待ちしております😍🎶 住所:福島県伊達市片町20 フリーダイヤル:0120-583-731 TEL:024-583-2041  パンドル自慢の”施工事例”を是非ご覧ください! 外壁塗装・屋根塗装のお問い合わせはこちらから! 地域実績No.1!地域密着型ショールームへの”来店予約”はこちらから!

続きはこちら

2024年2月13日 更新!
冬に塗装を行う際の注意点とその解決策  福島市・伊達市密着の外壁塗装専門店 パンドル
伊達市、福島市の皆さま、こんにちは! 伊達市の屋根・外壁塗装専門店 パンドル 渡邊です☻ 今年は暖冬で、雪が少ないですね⛄ それでもまだまだ気温が低い日があるので 油断せず寒さ対策をして春を待ちましょう~🌸 私は先日、雪が降った日の夜、ツルツルに凍った道で すってんころりん、ド派手に転びました(^▽^;) 油断大敵です💦 怪我にも気を付けて過ごさないといけないですね☃✨   さて、今回のブログは、 冬に塗装を行う際の注意点とその解決策というテーマで 書いてみたいと思います。 皆さまもいちどは「冬に塗装はしない方がいい」ということを 耳にしたことがあるのではないでしょうか。 当店でも、冬の塗装は極力避けていただくことをおすすめしています。   でもどうしてでしょうか? ・・・雪が降るから? ・・・寒いから? 何となく理由が分かるような分からないような・・・   そんな皆さまに、冬の塗装の注意点についてご説明したいと思います。 伊達市・福島市で外壁・屋根塗装をご検討中の皆さまの お役に立てれば嬉しいです。   [toc]       【冬の塗装に注意が必要な理由】 一般的に、気温が5℃以下、湿度が85%以上の場合は 塗装を避けた方が良いと言われています。   そして、冬はこの条件に当てはまる日が多いため、塗装に適さない季節なのです。   しかし、「どうして塗装に気温と湿度が関係してくるんだろう?」と 疑問に思われる方もいらっしゃいますよね。   ひとことで言うと、 塗装の仕上がりの品質に不安要素が出てくるからです。   実際のところ、冬に絶対に塗装ができないというわけではありません。 塗料も改良が進んでいて、冬用の塗料というものも出てきています。 そうした塗料を使って、職人が塗る場所や塗料の状態に気を配りながら塗装を 行えば、仕上がりの不安要素を減らすことは可能です。   しかし、当店ではできる限り冬の塗装はしないことをおすすめします。 その理由をこれから説明したいと思います。     【霜の影響】 まず一つ目は、霜の影響です。     皆さまも、朝出かけようとしたら上の写真のように、 車に霜が降りていたということがあると思います。   冬の時期は、放射冷却によって、地面や屋根の表面が0℃以下になり、霜が降りることがあります。   塗装をしたばかりで塗料が乾ききっていない屋根に霜が降りると、 塗装表面が凍り、塗膜が膨張します。 そして、その後、霜が解けて水となっていきますが、 その時には塗装表面の湿度がぐっと上昇します。   すると、せっかく塗った塗料がふくれてしまったり、剥がれてしまったり、 割れてしまったり・・・という不具合が生じやすくなるのです。   また、塗料は、気温が低くなると伸びが悪くなるという特徴があります。   きちんと塗料の特性を知った職人が施工を行わなかった場合、 塗料の付着が不良となり、後で剥がれや割れの原因となることもあります。   さらに、塗装表面に水分が付くことでツヤ引けという現象が起こることもあります。   これは、乾燥中の塗膜が水分を帯びることで、本来のツヤが出ず、 光沢が不足した仕上がりになってしまうことを言います。   特に屋根は、ツヤがあることで日光を反射し、紫外線による影響を防いでいる部分でもあるので、 ツヤ引けを起こしてしまうと塗料本来の力を発揮できず、塗料のもちが悪くなってしまいます。     【夜露の影響】 また冬の塗装は、夜露から受ける影響も大きくなります。     夜露は、夜の間に降りる露のことで、 晴れた日の夜、地面の熱が空気中に逃げる際、地面や屋根の表面温度が下がり、 露が発生する現象です。   夜露自体は、季節を問わず発生するもので、 夜露に濡れた屋根は、乾くまで塗装を行うことができません。   年間を通して、塗装の際にやっかいな存在となる夜露ですが、 冬に発生すると、さらにやっかいなのは・・・ 冬は日中でも気温が上がらないため、夜露が乾かないのです。   夜露が乾かないことには次の工程へ進むことができないため、 冬は他の季節に比べて工期が延びやすくなります。   お客さまにとっては、ご自宅に足場とネットがかかった状態で、 長期間の生活を強いられることになります。 天候の影響とは言え、「いつになったら塗装が完了するのだろう・・・」という 不安を抱えながら生活するのは、心理的ご負担になります。   塗装工事期間中もなるべく快適にお過ごし頂きたい・・・ けれども冬場はなかなかそれが難しい、というのが現状です。 これが、当店で「どうしても・・・」という理由がない限り 冬の塗装をおすすめしない大きな理由のひとつです。     【雪の影響】 今年は雪が少ないですが、冬の季節は予報に反して急に雪が降ることもあります。   雪が降ってきた場合には作業を途中で切り上げ、雪が解けるのを待つことになります。   雪が完全に溶けて塗装面が乾燥するまでに数日かかることもありますし、 さらに、塗装表面が乾いて施工を再開する場合にも、 雪が降る前に塗った塗料に不具合が発生していないかを確認し、 もし不具合が発生していた場合にはもう一度その工程をやり直す必要も出てきます。   こうして、雪の影響によって予期せず工期がどんどん伸びてしまう可能性があります。     【日照時間が短い】 そして、日照時間が短いというのも、冬の塗装工事の工期が延びる原因のひとつです。     日の出から日の入りまでの時間は、いちばん短いときで 日の出が朝7時前、日の入りが夕方4時30分ごろになります。 塗装面を乾かすことを考えると、なるべく日が出ている間に施工を終えて乾燥させたいので、 午後3時には施工を終えなければいけません。 そして朝は朝で、夜露が乾くまで施工が始められないので、 冬の塗装工事は毎日の作業時間が本当に限られてきます。   一方、夏場ですと朝8時には夜露も乾いていて施工を開始できますし、 夕方も明るいので、午後5時まで作業が進められます。   他の季節に比べて、冬場は1日に作業できる量がぐっと短くなってしまうのが現状です。     【冬の塗装はなるべく避けて】 以上が、当店で冬の塗装をおすすめしない理由です。   しかしながら、どうしても冬に塗装をしなければいけないというお客さまは、 きちんとした知識と技術を持った塗装店に相談された上での施工をおすすめ致します。   「冬の塗装でも品質に変わりないですよ」 「今塗り替えないとお家が劣化しますよ」 「冬はお安くしますよ」 といったセールスマンの言葉を信じてすぐに発注せず、 何軒かの塗装店に相談、合い見積もりを取ることを強くおすすめします。     【塗り替えは春がおすすめ】 上記のような理由から、当店では冬の塗装を避け、 春の塗り替えをおすすめしています。   日照時間も長くなり、気温や湿度も安定している春は 塗装に最適な季節です。   春に塗り替える場合にも、塗料の選択や塗り替え箇所の確認、 色の選択など、準備することはいろいろあります。   春の施工に向けて、今から見積もりを取ったり、お家の状態を 見てもらったりという準備を始めておくとスムーズです。   数社に見積もりを取り、金額だけではなく、施工の流れや使用する塗料の種類、 安心して任せられる塗装店かどうかなど、さまざまな角度から発注先をご検討いただきたいと思います。   数年に一度の塗り替えですので、後悔のないお店選びが肝心です。     【春のご予約承り中】 当店でも、春の塗り替えのご相談・ご予約を承っています。   お見積をご依頼いただいた方全員に、クオカードをプレゼント! また、ショールームへご来店いただいた方はもれなくガラポン抽選にご参加いただけます。 はずれなしで、社長セレクトのおいしいお土産付きです!   ぜひご相談だけでもお気軽にお立ちよりいただければ嬉しいです。 スタッフ一同、皆さまのご来店をお待ちしています(^▽^)/   \お見積無料!! お気軽にご相談ください/ 地域で塗装をお考えの方は、屋根・外壁塗装専門店パンドルに、どうぞお気軽にご相談ください。 パンドル YouTube!! https://youtu.be/CrBMczhkzVM 地域一番の塗装専門店を目指します!! お電話のお問い合わせの際はブログを見ましたと一言頂けるとスムーズにご案内できます👍 ご来店の際も、『ホームページのブログを見ました』とスタッフにお伝えください📞 外壁塗装・屋根塗装をお考えのお客様はこの機会が大チャンスです😋🎵 ぜひ、パンドルへお問い合わせください✨ 皆様からのお問い合わせお待ちしております😍🎶 住所:福島県伊達市片町20 フリーダイヤル:0120-583-731 TEL:024-583-2041  パンドル自慢の”施工事例”を是非ご覧ください! 外壁塗装・屋根塗装のお問い合わせはこちらから! 地域実績No.1!地域密着型ショールームへの”来店予約”はこちらから!

続きはこちら

2024年1月30日 更新!
外装劣化診断士とは? 福島市・伊達市密着の外壁塗装専門店 パンドル
伊達市、福島市の皆さま、こんにちは! 伊達市の屋根・外壁塗装専門店 パンドル 渡邊です☻   2月4日は立春ですね。 暦の上ではもう春になります🌸 その前日、節分には、豆まきをして邪気を追い払う習わしがありますね。 ということで当店では先日、チラシと一緒にちょっとしたプレゼントをお配りしました。     折り紙で作った鬼のポケットに豆菓子を入れてプレゼント(^^)     かわいい折り紙の鬼が大量発生~(笑)   今年の節分、皆さまはどんな鬼を追い払いたいですか? 私は新年早々、風邪をひいてしまったので、風邪ひき鬼を退治したいです(^_^;)   2月3日はぜひ家族みんなでにぎやかに豆まきをして、 邪気を払いましょう(^▽^)/   さて、今回のブログでは、私が取得した資格外装劣化診断士について 書いてみようと思います。 外装劣化診断士は、塗り替え前の外装の劣化状況を診断し、 適切なメンテナンスの方法を提案する資格です。   伊達市・福島市で外壁・屋根の塗り替えをご検討中の皆さまのご参考になれば嬉しいです。   [toc]       【外装劣化診断士とは】 外装劣化診断士は、住宅外装のメンテナンスにおいて、 劣化状況の基本的な調査・診断を行い、その結果に基づいて、 消費者の立場から適切なメンテナンスの提案を行います。   外装劣化診断士になるには、(一財)塗装品質機構が実施する 外装劣化診断士試験に合格する必要があります。 この試験はおもに ・建設業または不動産業での実務経験が3年以上 ・建築士、宅建士などの資格を有する人 を対象としていますが、誰でも受験することができます。     【外装劣化診断士の役割】 外装劣化診断士の役割は、建物の客観的情報を消費者に対して正確かつ分かりやすく伝え、 消費者が適切な判断と自由な選択を行えるようにすることです。 塗り替えの前に、ご自宅の外壁や屋根、雨樋、破風、基礎といった各部位が どのように、またどの程度劣化しているのかを正確に知ることは お客さまにとって大変大事なことです。 建物の劣化を見過ごしたまま塗り替え工事をした場合、 せっかく塗り替えをしたのに塗膜が長持ちしなかったり、 基材の劣化が進んで建物自体の寿命が短くなってしまったりする場合もあります。 ぜひ、外装劣化診断士資格を持ったスタッフのいる塗装店へ依頼されることを おすすめします。     次に、外装劣化診断士の具体的な業務内容についてご紹介したいと思います。   【外装劣化診断士の業務内容】 外装劣化診断士の業務内容は、大きく次の2つです。 ①建物の各部位の劣化状況と雨水の浸入や漏水のリスクについて診断する ②診断結果に基づき、建物の維持管理について適切な対処の方針を提示する     【業務の流れ】 外装劣化診断士の業務の流れとしては、次のようになります。   1⃣建物の基本的な情報を確認 お客様がお家を建てた際の建築図面をお持ちであれば、図面を拝見し、 建物のサイズや屋根の角度など、基本的な情報を確認します。 (図面をお持ちでない場合には、次の2⃣の工程で目視によって確認します)   2⃣建物各部位の種類を特定 建物を構成する外壁や屋根、破風、軒天、雨樋、基礎といった各部位に それぞれどんな素材が用いられているのか、目視や専用の器具を用いながら ひとつずつ特定します。 なぜひとつひとつの素材の確認が必要なのかと、疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。 例えば、ひとくちに「瓦」と言っても釉薬瓦や無釉瓦、いぶし瓦、セメント瓦、モニエル瓦など 様々な種類があり、それぞれメンテナンスの方法が異なります。 素材を見誤り施工を行うと、塗装後すぐに塗膜が剥がれてしまったりする場合もあります。 こうした理由から、施工前にきちんと素材の種類を把握することが大切なのです。   3⃣各部位の劣化状況を確認 素材の種類が特定できたら、次に、それぞれの部位がどのくらい劣化しているのかを確認します。 ひび割れや雨漏り、コケ、カビ、浮き、剥がれ、膨れ、退色、傷みなどの有無と大きさや深さ、数を ひとつひとつ確認していきます。   ひび割れについての確認を例にとると、 ひび割れがあるかどうか、ひび割れの大きさや深さはどのくらいか、 ひび割れが何か所あるか、ひび割れの原因は何か、補修にはどのような方法があるかなどを 写真や動画で撮影しながら1箇所ごとに確認していきます。   4⃣雨水の浸入や漏水の可能性の有無を確認 漏水リスクのある箇所では、雨水の浸入や漏水の可能性の有無を確認します。 屋根や軒天、天窓、雨樋や外壁など、漏水の原因となる箇所は多くあります。 何が原因でどこから漏水が発生しているのかを調査し、修復してから塗装を行うことで 雨水の浸入や漏水による建物の劣化の進行を防ぐことができます。   5⃣報告としてまとめ、お客さまに説明 上記1⃣~4⃣の診断を行った後、建物の現況と適切な維持管理の方針・方法を報告としてまとめ、 お客さまに説明を行います。   写真と照らし合わせながら、客観的な劣化状況を説明することで、 ご自宅のどの部分がどのように劣化しているのか、どのようなメンテナンス方法が考えられるのかを お客さまにも分かりやすく伝えることができるようになります。       【ご依頼はぜひ外装劣化診断士のいる塗装店へ】 外装劣化診断士の役割は、自己の判断や解釈を押し付けるのではなく、 建物の客観的な情報を正確かつ分かりやすく伝えることです。   ですので、突然、塗装業者を名乗る人物がご自宅を訪ねてきて 「劣化が進んでいて塗り替え時期です」 「今すぐ塗り替えをおすすめします」 などの話をしてきた場合には、すぐにそれを鵜呑みにしてはいけません。   信頼のおける塗装店に、そういう人が訪ねてきた旨を話し、 きちんとご自宅の現況を調査してもらうことをおすすめします。   もちろん、当店でも現況調査を行っております。 費用は無料ですので、 お困りの際は、気兼ねなくご連絡ください。   ワタクシ渡邊も、今月晴れて外装劣化診断士になりました(o^―^o) お客様のお役に立てるよう、一生懸命頑張ります!     【春の塗り替え承り中!】 🌸現在、春の塗装のご予約・ご相談も承っております🌸 お見積をご依頼いただいた方全員にクオカードをプレゼント! また、ショールームへご来店いただいた方はもれなくガラポン抽選にご参加いただけます。 はずれなしで、社長セレクトのおいしいお土産付き! ぜひご相談だけでもお気軽にお立ちよりいただければ嬉しいです。 スタッフ一同、皆さまのご来店をお待ちしています(^▽^)/ \お見積無料!! お気軽にご相談ください/ 地域で塗装をお考えの方は、屋根・外壁塗装専門店パンドルに、どうぞお気軽にご相談ください。 パンドル YouTube!! https://youtu.be/CrBMczhkzVM 地域一番の塗装専門店を目指します!! お電話のお問い合わせの際はブログを見ましたと一言頂けるとスムーズにご案内できます👍 ご来店の際も、『ホームページのブログを見ました』とスタッフにお伝えください📞 外壁塗装・屋根塗装をお考えのお客様はこの機会が大チャンスです😋🎵 ぜひ、パンドルへお問い合わせください✨ 皆様からのお問い合わせお待ちしております😍🎶 住所:福島県伊達市片町20 フリーダイヤル:0120-583-731 TEL:024-583-2041  パンドル自慢の”施工事例”を是非ご覧ください! 外壁塗装・屋根塗装のお問い合わせはこちらから! 地域実績No.1!地域密着型ショールームへの”来店予約”はこちらから!    

続きはこちら

2024年1月23日 更新!
「無機塗料」とは? 福島市・伊達市密着の外壁塗装専門店 パンドル
伊達市、福島市の皆さま、こんにちは! 伊達市の屋根・外壁塗装専門店 パンドル 渡邊です☻   新年になったと思ったら、あっという間に1月も下旬です。 冬に旬を迎える食べ物にはいろいろありますが 皆さまはどんなものがお好きですか? 私は先日食べたセリ鍋がおいしかったです。 根っこのシャキシャキとした食感と爽やかな香りが たまりませんね。 旬の美味しいものを食べて元気に冬を乗り切りましょう!   さて今回も、塗料のご説明です。 今回は大変性能の高い無機塗料についてご紹介したいと思います。 伊達市・福島市で外壁・屋根の塗り替えをご検討中の皆さま、 ぜひ参考にして頂ければ幸いです。 [toc]       【無機塗料とは】 無機塗料とは、ガラスや石などの無機物を主成分とした塗料です。 ウレタンやアクリル、シリコンなどの樹脂を主成分とした有機塗料と比べて高性能ですが、 無機物だけでは粘着性をもたせることが難しいため、 無機塗料にも多少の有機物を配合しています。 そのため無機塗料は「無機有機ハイブリッド塗料」「無機ハイブリッド塗料」とも呼ばれます。 続いて、無機塗料の特徴についてご紹介していきます。 まずは、無機塗料の良い面から。     【無機塗料の特徴 -メリット-】   ①カビ・コケが発生しにくい 無機塗料には、カビやコケの栄養源となる有機物があまり含まれていません。 そのため、有機塗料と比べてカビやコケが生えにくいという特徴があります。 日当たりが悪くカビやコケの発生でお悩みの皆さまにおすすめの塗料です。   ②汚れが落ちやすい 無機塗料は親水性に優れています。 そのため、外壁や屋根についた汚れが雨水で流れ落ちやすくなります。     ③汚れがつきにくい 無機塗料は静電気が発生しにくいという特徴をもっています。 そのため、無機塗料を塗った外壁や屋根にはホコリなどが付着しにくくなり、 外壁や屋根をきれいに長持ちさせることができます。     ④燃えにくい 無機塗料は鉱物やガラスが主成分のため、不燃性に優れています。 多少の有機物も含まれているので全く燃えないというわけではありませんが 有機塗料と比べて燃えにくくなっています。   ⑤耐候性に優れる 無機塗料には、紫外線の影響を受けて劣化する樹脂成分がほとんど含まれていないため、 耐候性に優れています。 外壁で約20年、屋根で約12年の耐候年数が期待できます。 次回の塗り替えまでできるだけ長い期間、塗膜を長持ちさせたいという方に おすすめです。     【無機塗料の特徴 -デメリット-】   ①ツヤ消しを選べない商品が多い 無機塗料は、成分の特性上、ツヤ消しを選べない商品がほとんどです。 ツヤのない仕上げにしたいというお客様は他の塗料を選択頂くか、 ツヤを抑えめにした5分ツヤ、3分ツヤを選んで頂くことになります。   ②ひび割れしやすい 無機塗料は、無機物が主成分となっているため、塗膜が硬くなり、 他の塗料に比べてひび割れしやすい塗料です。 ひびの入りやすい部位に用いるのは避けることをおすすめします。   ③再塗装の際注意が必要 無機塗料は、汚れをはじく特徴があるため、塗膜が劣化していない状態で再塗装を行うと 新しい塗料の密着が不十分となり、塗膜がはがれやすくなってしまう場合があります。 塗り替え前にプロの目で塗膜の劣化具合を調べてもらうことをおすすめします。   ④価格が高い 無機塗料は大変性能の優れた塗料で長持ちする分、有機塗料に比べて価格が高い傾向にあります。 ご予算と塗り替え頻度のバランスを見て、塗料を選択して頂くことをおすすめします。     【塗料選びに困ったら】 今回は、無機塗料についてご紹介しました。 高性能で長持ちする無機塗料は、 外壁・屋根の塗り替えにおすすめです。 皆さまの塗料選びの参考になれば幸いです。 ご自宅の外壁・屋根の塗り替えをご検討のお客様、 ぜひお気軽に当店までご相談ください。 無料でお見積させていただきます。 その際、お家の図面がなくても大丈夫です♪ スタッフがお伺いしてお家の実寸を計測し、お見積いたします。 もちろん費用は無料です。ご安心ください(^▽^)/   【春の塗り替え承り中!】 🌸現在、春の塗装のご予約・ご相談も承っております🌸 お見積をご依頼いただいた方全員にクオカードをプレゼント! また、ショールームへご来店いただいた方はもれなくガラポン抽選にご参加いただけます。 はずれなしで、社長セレクトのおいしいお土産付き! ぜひご相談だけでもお気軽にお立ちよりいただければ嬉しいです。 スタッフ一同、皆さまのご来店をお待ちしています(^▽^)/ \お見積無料!! お気軽にご相談ください/     地域で塗装をお考えの方は、屋根・外壁塗装専門店パンドルに、どうぞお気軽にご相談ください。 パンドル YouTube!! https://youtu.be/CrBMczhkzVM 地域一番の塗装専門店を目指します!! お電話のお問い合わせの際はブログを見ましたと一言頂けるとスムーズにご案内できます👍 ご来店の際も、『ホームページのブログを見ました』とスタッフにお伝えください📞 外壁塗装・屋根塗装をお考えのお客様はこの機会が大チャンスです😋🎵 ぜひ、パンドルへお問い合わせください✨ 皆様からのお問い合わせお待ちしております😍🎶 住所:福島県伊達市片町20 フリーダイヤル:0120-583-731 TEL:024-583-2041  パンドル自慢の”施工事例”を是非ご覧ください! 外壁塗装・屋根塗装のお問い合わせはこちらから! 地域実績No.1!地域密着型ショールームへの”来店予約”はこちらから!

続きはこちら

2024年1月18日 更新!
「フッ素樹脂塗料」とは? 福島市・伊達市密着の外壁塗装専門店 パンドル
伊達市、福島市の皆さま、こんにちは! 伊達市の屋根・外壁塗装専門店 パンドル 渡邊です☻ 1月も中旬となり、寒さが厳しくなってきましたね。 20日は二十四節気のひとつ「大寒」です。 一年の中で寒さがいちばん厳しくなる頃、ということで 風邪などを引かないよう気を付けながら過ごしていきたいですね。 ちなみに・・・ 大寒の1月20日は「甘酒の日」です。 大寒に甘酒を飲む風習を受けて制定された記念日なんだそうです。 寒い日には体を温めてくれる甘酒を飲むのもいいですね。     さて今回も、塗料のご説明です。 今回は高性能なフッ素樹脂塗料についてご紹介したいと思います。 伊達市・福島市で外壁・屋根の塗り替えをご検討中の皆さま、 ぜひ参考にして頂ければ嬉しいです。 [toc]     【フッ素樹脂塗料とは】 フッ素樹脂塗料とは、蛍石(ほたるいし)を原料としてつくられるフッ素樹脂を 配合した塗料です。 フッ素樹脂というと、皆さまが一度は耳にされたことがあるのが「フッ素樹脂加工」という ことばではないでしょうか? フライパンなどの「フッ素コーティング」「テフロン加工」などがこれにあたります。 フッ素樹脂をフライパンや鍋の表面に塗膜化することで、 食材が付着しにくく、すべりが良くなるのが特徴ですが、 こうした特性はフッ素塗料でも同じです。 それでは早速、フッ素樹脂塗料の特性を詳しくみていきましょう。   【フッ素樹脂塗料の特徴 -メリット-】 ①汚れが付着しにくい フッ素樹脂塗料を塗った外壁や屋根は、フッ素樹脂の持つ 親水性(水と密着しやすい)・低摩擦性(汚れが滑り落ちやすい)によって、 汚れが付着しにくくなる特徴があります。 表面に親水性の塗膜が張っている状態なので、 壁や屋根の表面の汚れとフッ素樹脂の間に雨水が入り込むことで、 自然と美観が保たれます。   ②光沢が長持ちする フッ素樹脂の持つ耐摩耗性によって、塗膜が摩耗されやすい条件下でも 塗膜の光沢が長持ちします。     ③酸性雨に強い フッ素樹脂塗料は耐薬品性に優れていて、酸性雨に強いという特徴があります。 酸性雨は金属を腐食させるなど、基材に与える影響が大きいため、 金属屋根の塗り替えなどにフッ素樹脂塗料を用いることで、 基材への酸性雨の浸食を防ぐことができます。     ④藻やカビが付きにくい フッ素樹脂塗料は、防藻性・防カビ性を備えています。 そのため、外壁や屋根などに藻やカビが付きにくくなるというメリットがあります。 北側の屋根や外壁に藻やカビができてしまう、というお悩みをお持ちの方には フッ素樹脂塗料での塗り替えをおすすめします。     ⑤耐熱性に優れる フッ素樹脂は炭素とフッ素の結合が非常に強固なので、 紫外線による変質を抑えることができるのも特徴のひとつです。 紫外線や熱による劣化が少なく、塗膜が長持ちします。     ⑥高い耐候性 上記①~⑤のような特徴を持つフッ素樹脂塗料は、 他の塗料に比べて高い耐候性があります。 塗り替え後、外壁で約15年、屋根で約10年の耐候性が期待できます。 塗膜が長持ちするため、塗り替えの頻度を抑えたい方におすすめの塗料です。   ここまでは、フッ素樹脂塗料のメリットについてお話しました。 続いては、デメリットについてご説明したいと思います。       【フッ素樹脂塗料の特徴 -デメリット-】 ①価格が高い フッ素樹脂塗料は、高性能な塗料であるため、他の塗料と比べて価格が高めになっています。 シリコン樹脂塗料の約1.5倍の価格となります。 しかし、塗膜が長持ちし塗り替えの頻度は他の塗料よりも少なくて済むため、 長い目で見ると塗り替えに掛けるコストを抑えることもできます。 長期的な塗り替えの計画を立てて塗料をお選びいただくのがおすすめです。   ②塗膜が硬い フッ素樹脂塗料は、ウレタンやシリコン樹脂塗料などと比べて塗膜が硬く、 基材の動きに追従しにくいため、地震などによって基材が大きく動いた場合などに 塗膜の表面にヒビが入ってしまうことがあります。 しかし、微弾性フィラーや弾性フィラーなどを下塗り材として使用したり、 弾性タイプのフッ素樹脂塗料を用いることでヒビの発生を防ぐことができます。 ③再塗装の際注意が必要 フッ素樹脂塗料は、塗膜の耐久性が低下していない状態で再塗装をすると 塗料の密着性が悪くなってしまう特徴があります。 そのため、旧塗膜の劣化具合を見て塗り替えをする必要があります。     【塗料選びに困ったら】 今回は、フッ素樹脂塗料についてご紹介してきました。 大変高性能で長持ちするフッ素樹脂塗料は、 外壁・屋根の塗り替えにおすすめです。 皆さまの塗料選びの参考になれば幸いです。 ご自宅の外壁・屋根の塗り替えをご検討のお客様、 ぜひお気軽に当店までご相談ください。 無料でお見積させていただきます。 その際、お家の図面がなくても大丈夫です♪ スタッフがお伺いしてお家の実寸を計測し、お見積いたします。 もちろん費用は無料です。ご安心ください(^▽^)/ \お見積無料!! お気軽にご相談ください/     地域で塗装をお考えの方は、屋根・外壁塗装専門店パンドルに、どうぞお気軽にご相談ください。 パンドル YouTube!! https://youtu.be/CrBMczhkzVM 地域一番の塗装専門店を目指します!! お電話のお問い合わせの際はブログを見ましたと一言頂けるとスムーズにご案内できます👍 ご来店の際も、『ホームページのブログを見ました』とスタッフにお伝えください📞 外壁塗装・屋根塗装をお考えのお客様はこの機会が大チャンスです😋🎵 ぜひ、パンドルへお問い合わせください✨ 皆様からのお問い合わせお待ちしております😍🎶 住所:福島県伊達市片町20 フリーダイヤル:0120-583-731 TEL:024-583-2041  パンドル自慢の”施工事例”を是非ご覧ください! 外壁塗装・屋根塗装のお問い合わせはこちらから! 地域実績No.1!地域密着型ショールームへの”来店予約”はこちらから!

続きはこちら

2024年1月11日 更新!
「ハイブリッドシリコン樹脂塗料」とは? 福島市・伊達市密着の外壁塗装専門店 パンドル
伊達市、福島市の皆さま、こんにちは! 伊達市の屋根・外壁塗装専門店 パンドル 渡邊です☻   2024年がスタートしましたね。 皆さまにとって幸多き一年となりますよう 心からお祈りしています(*^-^*) 個人的には、平穏無事に一年過ごしていけると良いなと 思っております。 (欲を言うと・・・美味しいものをたくさん食べ、 美味しいお酒をたくさん飲みたいです!)   さて、今回も塗料のご紹介をさせていただきたいと思います。 今回はコストパフォーマンスに優れたハイブリッドシリコン樹脂塗料についてです。 伊達市・福島市で外壁・屋根の塗り替えをご検討中の皆さまのご参考になれば幸いです。   [toc]     【ハイブリッド塗料とは】 ハイブリッドシリコン樹脂塗料のお話に入る前に、 まずはハイブリッド塗料についてご説明します。   ハイブリッド塗料とは、簡単に言うと アクリル、シリコン、ウレタン、合成樹脂などでできた有機塗料と、 石やガラス、金属などでできた無機塗料を混ぜて作られた塗料です。 有機塗料と無機塗料を混ぜることによって、両者の特性を併せ持つ塗料となります。   ハイブリッド塗料には、 ・ハイブリッドシリコン樹脂塗料 ・ハイブリッドフッ素塗料 ・ハイブリッド無機塗料 など、さまざまな種類があります。   このハイブリッド塗料とはいったい、どのような特徴を持つ塗料なのでしょうか。 早速ご紹介していきたいと思います。     【ハイブリッド塗料の特徴 -メリット-】   ①有機塗料と比べて耐候年数が長い 石やガラス、金属などでできた無機塗料は、簡単に劣化しない特性を持っています。 その特性が加わったハイブリッド塗料は、有機塗料と比べて耐候性に優れた塗料になっています。 例えば、一般的なシリコン樹脂塗料の耐候性が約7年(外壁の場合)なのに対し、 ハイブリッドシリコン樹脂塗料の耐候性は約12年(外壁の場合)と、 約5年の長持ちが期待できます。   ②柔軟性がある 特徴の2つ目は、塗料の柔軟性です。 無機塗料は堅く割れやすいというデメリットがありますが、ここに有機塗料が加わることで、 柔軟性があり、割れにくい塗料になるのです。 塗料の柔軟性が上がると、基材の動きに追従し、塗膜のひび割れが起こりにくくなります。   ③光沢・ツヤがある ハイブリッド塗料は、緻密で均一な塗膜を形成することも特徴のひとつです。 これにより、美しいつやを持った光沢のある仕上がりとなります。   ③有機塗料と比べて燃えにくい 加熱しても燃えない無機塗料の特性が加わることで、 ハイブリッド塗料は有機塗料に比べて燃えにくい塗料となっています。     ここまで、ハイブリッド塗料のメリットについて見てきました。 続いては、マイナス面、デメリットについてご紹介します。       【ハイブリッド塗料の特徴 -デメリット-】   ①価格が高いものがある ハイブリッド塗料は、耐久性の高い無機塗料を含むため、有機塗料に比べて価格が高くなる傾向にあります。 中でも、無機塗料の配合率の高いハイブリッド無機塗料は耐候年数も長い分、価格も高くなります。 しかし、今回のブログでご紹介するハイブリッドシリコン樹脂塗料は大変コストパフォーマンスに優れた塗料で、 当店をご利用いただくお客様にもご好評いただいております。 この後、詳しくご紹介します。 ぜひ最後まで読んで頂ければ嬉しいです!     【当店おすすめ!ハイブリッドシリコン樹脂塗料】   さて、ここまでハイブリッド塗料の特徴についてご紹介してきました。 いよいよ、ここからが今回の本題です!! 当店のお客様にもご好評いただいている ハイブリッドシリコン樹脂塗料についてご紹介していきます。   【ハイブリッドシリコン樹脂塗料の特徴】 当店で使用しているハイブリッドシリコン樹脂塗料は、 シリコン樹脂塗料に無機物を加えることで、フッ素塗料に迫る高耐候性を実現しつつ、 価格はシリコン塗料と同程度という、大変コストパフォーマンスに優れた塗料です。 外壁で約12年、屋根で約7年の耐候性が期待できるので、 アクリルやウレタン、シリコン樹脂塗料と比べて塗り替え頻度を少なく抑えることができます。   【ラジカルを制御するスゴい塗料】 さらに、当店で採用しているハイブリッドシリコン樹脂塗料にはもうひとつ特徴があります。 それは、塗膜の劣化の原因となるラジカルという物質の発生を抑える効果を持つということです。 塗膜の退色やチョーキング現象を引き起こすラジカルの発生を抑え、美しい塗膜が長持ちします。 コストパフォーマンスに優れ、機能性の高いハイブリッドシリコン樹脂塗料、 屋根や外壁の塗り替えをご検討中の皆さまにおすすめです。         【お見積書に塗料のカタログを同封します】 ひとくちにハイブリッドシリコン樹脂塗料と言っても、 メーカーや製品によって成分やその配合率はさまざまです。 当店ではお見積の際、使用する塗料のカタログも一緒にお客様にお渡ししています。 どのような製品を使って塗装するのかをしっかりとご説明させていただきますので、 価格と塗料の性能を合わせてご検討いただけます。 塗料選びに困っているお客様、ぜひお気軽にご相談いただければ嬉しいです。 また、ご希望のメーカーや製品があるお客様はその旨をお伝えいただければ、 ご希望に沿った塗料でお見積致します。 ぜひ当店にお声掛けください。     【塗料選びに困ったら】 ご自宅の外壁・屋根の塗り替えをご検討のお客様は、 ぜひお気軽に当店までご相談ください。 無料でお見積させていただきます。 その際、お家の図面がなくても大丈夫です♪ スタッフがお伺いしてお家の実寸を計測し、お見積いたします。 もちろん費用は無料です。ご安心ください(^▽^)/ \お見積無料!! お気軽にご相談ください/     地域で塗装をお考えの方は、屋根・外壁塗装専門店パンドルに、どうぞお気軽にご相談ください。 パンドル YouTube!! https://youtu.be/CrBMczhkzVM 地域一番の塗装専門店を目指します!! お電話のお問い合わせの際はブログを見ましたと一言頂けるとスムーズにご案内できます👍 ご来店の際も、『ホームページのブログを見ました』とスタッフにお伝えください📞 外壁塗装・屋根塗装をお考えのお客様はこの機会が大チャンスです😋🎵 ぜひ、パンドルへお問い合わせください✨ 皆様からのお問い合わせお待ちしております😍🎶 住所:福島県伊達市片町20 フリーダイヤル:0120-583-731 TEL:024-583-2041  パンドル自慢の”施工事例”を是非ご覧ください! 外壁塗装・屋根塗装のお問い合わせはこちらから! 地域実績No.1!地域密着型ショールームへの”来店予約”はこちらから!

続きはこちら

2023年12月25日 更新!
「シリコン樹脂塗料」とは? 福島市・伊達市密着の外壁塗装専門店 パンドル
伊達市、福島市の皆さま、こんにちは! 伊達市の屋根・外壁塗装専門店 パンドル 渡邊です☻ 今年も残すところあと1週間を切りました。 12月に入ってからあっという間だったように感じますが、 皆さまはいかがでしょうか? 年末にかけて慌ただしさが増しているという方も多くいらっしゃると思います。 体調を崩さないように気を付けながら、もうひとふんばりですね!   さて、今回も塗料の種類についてのお話です。 今回は外壁塗装でメジャーとなっているシリコン樹脂塗料についてご紹介したいと思います。 伊達市・福島市で外壁・屋根の塗り替えをご検討中の皆さまの参考になればうれしいです。 [toc]   【シリコン樹脂塗料とは】 シリコン樹脂塗料とは、アクリルシリコン樹脂塗料とも呼ばれ、 アクリルをベースに、シリコン樹脂を混ぜて作った塗料です。 シリコン樹脂塗料の耐候年数は外壁で7年、屋根で5年と アクリル樹脂塗料やウレタン樹脂塗料に比べて長く、 近年の外壁塗装でよく用いられる塗料です。 では、その特徴についてご紹介していきましょう。       【シリコン樹脂塗料の特徴 -メリット-】   ①汚れがつきにくい シリコン樹脂塗料は、耐汚染性に優れていて、汚れがつきにくい特徴があります。 雨やホコリをはじき、美しい外観を保つことができます。   ②光沢がある シリコン樹脂塗料は、光沢保持率が高く、長期間美しいツヤを保つことができます。 ウレタン塗料と比べて光沢保持率が約2割高いという実験結果もあります。   ③透湿性がある シリコン樹脂塗料は、透湿性に優れていて、塗装内部の結露やカビを防ぐ特徴もあります。 ④熱に強い シリコン樹脂塗料は、耐熱性に優れていて、約600度まで耐えられる製品もあります。     【シリコン樹脂塗料の特徴 -デメリット-】   ①塗膜が硬い シリコン樹脂塗料は、ウレタン樹脂塗料などに比べて塗膜が硬いという特徴があります。 そのためひび割れが起こる可能性もありますが、下塗り材や上塗り材に弾性塗料(弾性のある塗料)を 使用することで、基材の動きに塗料が追従しやすくなり、ひびを防ぐことができます。 また、塗膜が硬いことにより耐水性・撥水性の高さを実現しているので、 塗膜が硬いというのはメリットでもあります。   ②DIYには不向き シリコン樹脂塗料は、こまめに攪拌(かき混ぜること)することが必要であったり、 密着力が弱く重ね塗りが難しいことから、お客様自身でのDIYには向かない塗料です。 シリコン樹脂塗料を使用する場合は、塗料の扱いに慣れたプロに任せることをおすすめします。   【塗料でお悩みのときは】 今回は、シリコン樹脂塗料についてご紹介してきました。 シリコン樹脂塗料は外壁塗装で主流となっている塗料です。 塗り替えをご検討の皆さまは参考にしていただけれると嬉しいです。 ご自宅の外壁・屋根の塗り替えをご検討のお客様は、 ぜひお気軽に当店までご相談ください。 無料でお見積させていただきます。 その際、お家の図面がなくても大丈夫です♪ スタッフがお伺いしてお家の実寸を計測し、お見積いたします。 もちろん費用は無料ですのでご安心ください(^▽^)/ \塗料選びに迷ったら お気軽にご相談ください/ 地域で塗装をお考えの方は、屋根・外壁塗装専門店パンドルに、どうぞお気軽にご相談ください。 パンドル YouTube!! https://youtu.be/CrBMczhkzVM 地域一番の塗装専門店を目指します!! お電話のお問い合わせの際はブログを見ましたと一言頂けるとスムーズにご案内できます👍 ご来店の際も、『ホームページのブログを見ました』とスタッフにお伝えください📞 外壁塗装・屋根塗装をお考えのお客様はこの機会が大チャンスです😋🎵 ぜひ、パンドルへお問い合わせください✨ 皆様からのお問い合わせお待ちしております😍🎶 住所:福島県伊達市片町20 フリーダイヤル:0120-583-731 TEL:024-583-2041  パンドル自慢の”施工事例”を是非ご覧ください! 外壁塗装・屋根塗装のお問い合わせはこちらから! 地域実績No.1!地域密着型ショールームへの”来店予約”はこちらから!  

続きはこちら

2023年12月18日 更新!
「ウレタン樹脂塗料」とは? 福島市・伊達市密着の外壁塗装専門店 パンドル
伊達市、福島市の皆さま、こんにちは! 伊達市の屋根・外壁塗装専門店 パンドル 渡邊です☻ ここ伊達市・福島市でも、うっすら雪が積もりましたね⛄ いよいよ本格的な冬になってきたなぁと感じる今日この頃です。 さて、はじめにお知らせから。 当店では現在、 クリスマスキャンペーンを実施中です~🎅✨✨ 「HPを見ました」と言っていただくと、工事料金がお得になります! 今月25日までの限定キャンペーンとなっていますので、お見逃しなく(^▽^)/ 詳しくはこちらのページでご案内していますので、チェックして頂けると嬉しいです! また、お店にもお気軽にお立ち寄りください♪      それでは本題にはいります。 前回に引き続き、原料別に塗料のご紹介をします。 今回は、ウレタン樹脂塗料についてです。 伊達市・福島市でご自宅の塗り替えをご検討中の皆さまの参考になれば幸いです。   [toc]   【ウレタン樹脂塗料とは】 ウレタン樹脂塗料とは、主成分にウレタン樹脂を用いた塗料です。 中でも、アクリルポリオールを主剤とするアクリルウレタン塗料が 現在の主流となっています。 シリコン樹脂塗料が主流となる前までは外壁塗装でよく使われていました。 ウレタン樹脂塗料よりも耐候性の良い塗料の開発が進み、外壁で使用される頻度は 少なくなりましたが、 その特性上、雨樋や破風といった付帯部ではよく使われる塗料です。   それでは、ウレタン樹脂塗料の特徴について見ていきましょう。 【ウレタン樹脂塗料の特徴 -メリット-】   ①樹脂が柔らかい ウレタン樹脂塗料には、樹脂が柔らかいという特徴があります。 そのため、基材への密着度が高く、破風などの木部や、雨樋などの塩化ビニルの塗装に 使用されることが多いです。 また、ウレタン樹脂は防水性・撥水性にも優れていて、 防水材のシーリング材やコーキング材にも使用されます。 ②弾性を持つ ウレタン樹脂塗料は、弾性を持つことも特徴のひとつです。 塗装内部で基材にひび割れが発生したとしても、塗料に弾性があるため 塗装表面までひび割れが現れにくいメリットがあります。 ③価格が安い ウレタン樹脂塗料はシリコンやフッ素などの塗料と比べて価格が安いのも魅力です。 艶もあるので、内部の塗装をする際にも美しい仕上がりが期待できます。 ④乾燥が早い ウレタン樹脂塗料は、他の塗料に比べて乾燥時間が短いという特徴があります。 作業性に優れた塗料です。   こうした点が、ウレタン樹脂塗料を使う場合のメリットです。 続いて、デメリットについてもご説明したいと思います。   【ウレタン樹脂塗料の特徴 -デメリット-】   ①耐候年数が短い ウレタン樹脂塗料の耐候年数は外壁で4年、屋根で2年と、 シリコン樹脂塗料などと比べて短い特徴があります。 そのため塗装した後に劣化するのが早く、塗り替え頻度が高くなります。 ②紫外線に弱い ウレタン樹脂塗料には、紫外線に弱いというデメリットがあります。 紫外線に長期間さらされると、塗膜が黄色く変色する場合もあるため、 紫外線の影響を受けやすい場所にはあまりおすすめできません。     【塗料でお悩みのときは】 今回は、ウレタン樹脂塗料についてご紹介してきました。 ウレタン樹脂塗料は外壁や屋根の塗り替えに使われる頻度は低くなりましたが、 付帯部の塗り替えにおすすめです。 参考にしていただけれると嬉しいです。 ご自宅の外壁・屋根の塗り替えをご検討のお客様は、 ぜひお気軽に当店までご相談ください。 無料でお見積させていただきます。 その際、お家の図面がなくても大丈夫です♪ スタッフがお伺いしてお家の実寸を計測し、お見積いたします。 もちろん費用は無料ですのでご安心ください(^▽^)/ \塗料選びに迷ったら お気軽にご相談ください/ 地域で塗装をお考えの方は、屋根・外壁塗装専門店パンドルに、どうぞお気軽にご相談ください。 パンドル YouTube!! https://youtu.be/CrBMczhkzVM 地域一番の塗装専門店を目指します!! お電話のお問い合わせの際はブログを見ましたと一言頂けるとスムーズにご案内できます👍 ご来店の際も、『ホームページのブログを見ました』とスタッフにお伝えください📞 外壁塗装・屋根塗装をお考えのお客様はこの機会が大チャンスです😋🎵 ぜひ、パンドルへお問い合わせください✨ 皆様からのお問い合わせお待ちしております😍🎶 住所:福島県伊達市片町20 フリーダイヤル:0120-583-731 TEL:024-583-2041  パンドル自慢の”施工事例”を是非ご覧ください! 外壁塗装・屋根塗装のお問い合わせはこちらから! 地域実績No.1!地域密着型ショールームへの”来店予約”はこちらから!

続きはこちら

2023年12月11日 更新!
「アクリル樹脂塗料」とは? 福島市・伊達市密着の外壁塗装専門店 パンドル
伊達市、福島市の皆さま、こんにちは! 伊達市の屋根・外壁塗装専門店 パンドル 渡邊です☻   HPのトップ画面でもご紹介していますが、当店では現在、 クリスマスキャンペーンを実施中です~🎄✨ 「HPを見ました」と言っていただくと、工事料金がお得になります!   今月25日までの限定キャンペーンとなっていますので、ぜひご利用ください(^▽^)/ キャンペーン詳細はこちらのページでご案内しています♪   キャンペーンに合わせて、店内もクリスマス仕様に手作りで飾り付けしてみました🎅✌ お気軽にお立ち寄り頂ければうれしいです!   さて今回は、外壁・屋根塗装をご検討中の皆さまに、 塗料の種類について、成分別にご案内したいと思います。 今回は、アクリル樹脂塗料についてです。 塗料選びの参考になれば幸いです。   [toc]   【アクリル樹脂塗料とは】 アクリル樹脂塗料とは、主成分にアクリル樹脂を用いた塗料です。 1950年代から使われ始めました。 約20年前まではウレタン塗料の価格が高かったこともあり、 外壁塗装の主要材料として使われていました。 しかし、現在はより高性能な塗料の価格が下がってきたので、 耐候年数が短い(外壁で3年、屋根で1年)アクリル樹脂塗料は、 外壁塗装に使われることはほとんどなくなりました。 続いては、アクリル樹脂塗料の特徴についてご紹介します。     【アクリル樹脂塗料の特徴 -メリット-】   ①発色が良い アクリル樹脂塗料は大変発色が良いというメリットがあります。 外壁塗装には使われませんが、DIYなどで室内の塗装に利用されることは多いです。     ②艶がある アクリル樹脂塗料は、発色の良さに加えて、美しい艶があるのも特徴です。 鮮やかな仕上がりを求める場合におすすめです。     ③価格が安い アクリル樹脂塗料はウレタンやシリコンなどの塗料と比べて価格が安いのも魅力です。 DIYで広い面積を塗る場合にも、コストパフォーマンスに優れて利用しやすい塗料です。     ④扱いやすい アクリル樹脂塗料の多くは1液型の塗料で、混合の必要がなく、 一般の方でも扱いやすいという特徴があります。     ここまで、アクリル樹脂塗料の特徴のうち、良い面についてご紹介しました。 ここからは、マイナス面、デメリットについてご説明したいと思います。     【アクリル樹脂塗料の特徴 -デメリット-】   ①耐候年数が短い 冒頭でもご紹介した通り、アクリル樹脂塗料の耐候年数は外壁で3年、屋根で1年と、 他の塗料と比べて短いため、劣化するのが早く、塗り替え頻度が高くなります。   ②塗膜が硬く割れやすい アクリル樹脂塗料は、塗膜が硬いという特徴があります。 これは、劣化するとひび割れを起こしやすいということでもあります。   ③塗り替えの時に手間がかかる場合がある 劣化の早いアクリル樹脂塗料は、ひび割れや浮き、剥がれが起こりやすく、 塗り替えの際に劣化した旧塗膜をきれいに処理しないと、塗り重ねができません。 劣化が進んでしまった場合、旧塗膜の除去に手間がかかり、容易に塗り替えができない場合があります。       【塗料でお悩みのときは】 今回は、アクリル樹脂塗料についてご紹介してきました。 アクリル樹脂塗料は外壁や屋根の塗り替えにはほとんど使用されませんが、 室内のDIYなどにご利用いただく際は今回の記事を参考にして頂ければと思います。 ご自宅の外壁・屋根の塗り替えをご検討のお客様は、 ぜひお気軽に当店までご相談ください。 無料でお見積させていただきます。 お家の図面がなくても大丈夫です♪ スタッフがお伺いしてお家の実寸を計測し、お見積いたします。 もちろん費用は無料ですのでご安心ください(^▽^)/ \塗料選びに迷ったら お気軽にご相談ください/     地域で塗装をお考えの方は、屋根・外壁塗装専門店パンドルに、どうぞお気軽にご相談ください。 パンドル YouTube!! https://youtu.be/CrBMczhkzVM 地域一番の塗装専門店を目指します!! お電話のお問い合わせの際はブログを見ましたと一言頂けるとスムーズにご案内できます👍 ご来店の際も、『ホームページのブログを見ました』とスタッフにお伝えください📞 外壁塗装・屋根塗装をお考えのお客様はこの機会が大チャンスです😋🎵 ぜひ、パンドルへお問い合わせください✨ 皆様からのお問い合わせお待ちしております😍🎶 住所:福島県伊達市片町20 フリーダイヤル:0120-583-731 TEL:024-583-2041  パンドル自慢の”施工事例”を是非ご覧ください! 外壁塗装・屋根塗装のお問い合わせはこちらから! 地域実績No.1!地域密着型ショールームへの”来店予約”はこちらから!

続きはこちら