塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

外装劣化診断士とは? 福島市・伊達市密着の外壁塗装専門店 パンドル

塗装の知識スタッフブログ 2024.01.30 (Tue) 更新

伊達市、福島市の皆さま、こんにちは!
伊達市の屋根・外壁塗装専門店 パンドル
渡邊です

 

2月4日は立春ですね。
暦の上ではもう春になります🌸

その前日、節分には、豆まきをして邪気を追い払う習わしがありますね。

ということで当店では先日、チラシと一緒にちょっとしたプレゼントをお配りしました。

 

 

折り紙で作った鬼のポケットに豆菓子を入れてプレゼント(^^)

 

 

かわいい折り紙の鬼が大量発生~(笑)

 

今年の節分、皆さまはどんな鬼を追い払いたいですか?
私は新年早々、風邪をひいてしまったので、風邪ひき鬼を退治したいです(^_^;)

 

2月3日はぜひ家族みんなでにぎやかに豆まきをして、
邪気を払いましょう(^▽^)/

 

さて、今回のブログでは、私が取得した資格外装劣化診断士について
書いてみようと思います。

外装劣化診断士は、塗り替え前の外装の劣化状況を診断し、
適切なメンテナンスの方法を提案する資格です。

 

伊達市・福島市で外壁・屋根の塗り替えをご検討中の皆さまのご参考になれば嬉しいです。

 

 

 

 

【外装劣化診断士とは

外装劣化診断士は、住宅外装のメンテナンスにおいて、
劣化状況の基本的な調査・診断を行い、その結果に基づいて、
消費者の立場から適切なメンテナンスの提案を行います。

 

外装劣化診断士になるには、(一財)塗装品質機構が実施する
外装劣化診断士試験に合格する必要があります。
この試験はおもに
・建設業または不動産業での実務経験が3年以上
・建築士、宅建士などの資格を有する人
を対象としていますが、誰でも受験することができます。

 

 

【外装劣化診断士の役割

外装劣化診断士の役割は、建物の客観的情報を消費者に対して正確かつ分かりやすく伝え、
消費者が適切な判断と自由な選択を行えるようにすることです。

塗り替えの前に、ご自宅の外壁や屋根、雨樋、破風、基礎といった各部位が
どのように、またどの程度劣化しているのかを正確に知ることは
お客さまにとって大変大事なことです。

建物の劣化を見過ごしたまま塗り替え工事をした場合、
せっかく塗り替えをしたのに塗膜が長持ちしなかったり、
基材の劣化が進んで建物自体の寿命が短くなってしまったりする場合もあります。

ぜひ、外装劣化診断士資格を持ったスタッフのいる塗装店へ依頼されることを
おすすめします。

 

 

次に、外装劣化診断士の具体的な業務内容についてご紹介したいと思います。

 

【外装劣化診断士の業務内容

外装劣化診断士の業務内容は、大きく次の2つです。

①建物の各部位の劣化状況と雨水の浸入や漏水のリスクについて診断する

②診断結果に基づき、建物の維持管理について適切な対処の方針を提示する

 

 

【業務の流れ

外装劣化診断士の業務の流れとしては、次のようになります。

 

1⃣建物の基本的な情報を確認

お客様がお家を建てた際の建築図面をお持ちであれば、図面を拝見し、
建物のサイズや屋根の角度など、基本的な情報を確認します。
(図面をお持ちでない場合には、次の2⃣の工程で目視によって確認します)

 

2⃣建物各部位の種類を特定

建物を構成する外壁や屋根、破風、軒天、雨樋、基礎といった各部位に
それぞれどんな素材が用いられているのか、目視や専用の器具を用いながら
ひとつずつ特定します。

なぜひとつひとつの素材の確認が必要なのかと、疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

例えば、ひとくちに「瓦」と言っても釉薬瓦や無釉瓦、いぶし瓦、セメント瓦、モニエル瓦など
様々な種類があり、それぞれメンテナンスの方法が異なります。
素材を見誤り施工を行うと、塗装後すぐに塗膜が剥がれてしまったりする場合もあります。

こうした理由から、施工前にきちんと素材の種類を把握することが大切なのです。

 

3⃣各部位の劣化状況を確認

素材の種類が特定できたら、次に、それぞれの部位がどのくらい劣化しているのかを確認します。
ひび割れや雨漏り、コケ、カビ、浮き、剥がれ、膨れ、退色、傷みなどの有無と大きさや深さ、数を
ひとつひとつ確認していきます。

 

ひび割れについての確認を例にとると、
ひび割れがあるかどうか、ひび割れの大きさや深さはどのくらいか、
ひび割れが何か所あるか、ひび割れの原因は何か、補修にはどのような方法があるかなどを
写真や動画で撮影しながら1箇所ごとに確認していきます。

 

4⃣雨水の浸入や漏水の可能性の有無を確認

漏水リスクのある箇所では、雨水の浸入や漏水の可能性の有無を確認します。
屋根や軒天、天窓、雨樋や外壁など、漏水の原因となる箇所は多くあります。
何が原因でどこから漏水が発生しているのかを調査し、修復してから塗装を行うことで
雨水の浸入や漏水による建物の劣化の進行を防ぐことができます。

 

5⃣報告としてまとめ、お客さまに説明

上記1⃣~4⃣の診断を行った後、建物の現況と適切な維持管理の方針・方法を報告としてまとめ、
お客さまに説明を行います。

 

写真と照らし合わせながら、客観的な劣化状況を説明することで、
ご自宅のどの部分がどのように劣化しているのか、どのようなメンテナンス方法が考えられるのかを
お客さまにも分かりやすく伝えることができるようになります。

 

 

 

【ご依頼はぜひ外装劣化診断士のいる塗装店へ

外装劣化診断士の役割は、自己の判断や解釈を押し付けるのではなく、
建物の客観的な情報を正確かつ分かりやすく伝えることです。

 

ですので、突然、塗装業者を名乗る人物がご自宅を訪ねてきて
「劣化が進んでいて塗り替え時期です」
「今すぐ塗り替えをおすすめします」
などの話をしてきた場合には、すぐにそれを鵜呑みにしてはいけません。

 

信頼のおける塗装店に、そういう人が訪ねてきた旨を話し、
きちんとご自宅の現況を調査してもらうことをおすすめします。

 

もちろん、当店でも現況調査を行っております。
費用は無料ですので、
お困りの際は、気兼ねなくご連絡ください。

 

ワタクシ渡邊も、今月晴れて外装劣化診断士になりました(o^―^o)
お客様のお役に立てるよう、一生懸命頑張ります!

 

 

【春の塗り替え承り中!

🌸現在、春の塗装のご予約・ご相談も承っております🌸

お見積をご依頼いただいた方全員にクオカードをプレゼント!
また、ショールームへご来店いただいた方はもれなくガラポン抽選にご参加いただけます。
はずれなしで、社長セレクトのおいしいお土産付き!
ぜひご相談だけでもお気軽にお立ちよりいただければ嬉しいです。
スタッフ一同、皆さまのご来店をお待ちしています(^▽^)/

\お見積無料!!
お気軽にご相談ください/

地域で塗装をお考えの方は、屋根・外壁塗装専門店パンドルに、どうぞお気軽にご相談ください。

パンドル YouTube!!

地域一番の塗装専門店を目指します!!

お電話のお問い合わせの際はブログを見ましたと一言頂けるとスムーズにご案内できます👍

ご来店の際も、『ホームページのブログを見ました』とスタッフにお伝えください📞

外壁塗装・屋根塗装をお考えのお客様はこの機会が大チャンスです😋🎵 ぜひ、パンドルへお問い合わせください✨

皆様からのお問い合わせお待ちしております😍🎶

住所:福島県伊達市片町20

フリーダイヤル:0120-583-731

TEL:024-583-2041 

パンドル自慢の”施工事例”を是非ご覧ください!

外壁塗装・屋根塗装のお問い合わせはこちらから!

地域実績No.1!地域密着型ショールームへの”来店予約”はこちらから!